> ページ > MOSMS

保全水準評価

●保全水準評価とは何か

日常業務の仕組みが、ムリなく継続できるものであることがポイントになります。
そのためには、客観的な目で現状を把握することが必要です。「現状の保全の仕組みの、どこに弱みがあるのか?」
現状の正確な把握がすべての出発点となり、これを行うものが「保全水準評価」になります。

●保全水準評価の種類

・誰でも簡単に17項目で診断できる「保全水準評価 簡易診断」
・業態・業容に応じて診断項目を50項目程度にカスタマイズした「現地診断」
・『保全水準評価プログラム』(5段階評価基準)に基づき全130項目を診断する「MOSMS診断」水準評価 簡易診

保全水準評価 簡易診断

●保全水準評価 簡易診断

現地診断

●現地診断

JIPM専門診断員が、現地で貴所の「保全水準評価」を行い、強み・弱みを見出し、課題解決の方向性をレポートします。
本格的な『保全水準評価プログラム』に基づくものではありませんが、「計画保全」の導入初期に効果があります。

MOSMS診断

●MOSMS診断
実績のあるJIPM専門診断員が、『保全水準評価プログラム』(5段階評価基準)に基づき、貴所の「保全水準評価」を実施します。
技術力を含めた「保全のマネジメント力」を客観的・総合的に診断し、強みと弱みを見出して効果的に「計画保全の仕組み」を再構築し、その仕組みを維持継続していくことに資するものです。