> セミナー情報 TOP > 予知保全とIoTセミナー 11月開催

セミナー情報

開催方法
:ライブ配信
開催日時
:2022年11月18日~2022年11月18日
セミナーコード
:471303
セミナー名
:予知保全とIoTセミナー 11月開催
カテゴリ
:保全技術・技能
関連ワード
:計画保全、故障対策、AI/IoT
対 象
:基礎知識を習得したい方 
料 金
:11,000円/16,500円(会員/一般 税込み)

セミナー概要

①対 象

・保全スタッフ
・生産技術エンジニア
 ※これからCBMについて学習したい方におススメです

②概要・ねらい

昨今では、設備の老朽化、労働人口の減少、生産拠点の海外移転などといった状況の変化が多く、設備の保全業務において大きな問題となっています。その中で、如何に保全レベルの維持を図り、生産性を維持・向上させるかが課題となっております。
本セミナーでは、保全レベルを向上するためのツールの一つとして、IoTをどのようにして予知保全に活用すればいいのか、収集した状態監視データ、診断結果をどのように活用すれば良いのかを考える一助となるような講座となっております。
この機会に是非とも自職場のIoT化や予知保全について見直し、自職場で活用しましょう!

③想定学習時間

3時間(13:00~16:00)

④参加方法

Zoomによるライブ配信

開催の3日前までにセミナー受講用のZoom URLをお送りします

プログラム

1.はじめに
2.製造業が抱える問題点
3.計画保全活動
4.予知保全と設備診断技術
5.ICTの進歩と設備診断システムの歩み
6.予知保全IoTシステム構築のポイント
7.予知保全IoT化を推進するための開発
8.今後活用が期待される技術
9.まとめと今後への期待

ご案内

①講師

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会 技術アドバイザー
博士(工学)
迫孝司
【略歴】
・1982年旭化成工業(現旭化成)入社。同年旭エンジニアリング(現旭化成エンジニアリング)へ配属。 
 主に設備診断技術の研究開発に従事。2022年より現職
・ISO機械状態監視診断技術者(振動)カテゴリーIVを取得。

②定 員

なし

お申込み

①お申込み方法

以下の【お申込み】ボタンより情報入力フォームにアクセスいただき、必要事項のご入力をお願いします。

2名以上のお申込みの場合、【複数名申込書】よりに受講者情報をダウンロード後ご入力のうえ、上記フォームよりアップロードをお願いします。

★会員一覧(以下のリストに該当する企業様は会員価格でのお申込みが可能です)

②お申込み後の流れ

①リターンメール
【窓口】アドレスあてにお送りします(即日)
 お申込内容のご確認をお願いします

②視聴用URL
【参加者】のメールアドレスにお送りします(開催3日前まで)

③テキスト
PDFデータにてZOOMのURL送付時に併せてお送りいたします(開催3日前まで)

④請求書
【窓口】のご住所あてに郵送します(開催2週間前)

⑤セミナー当日
 指定の時刻になりましたら、ご参加お願いします
 ※②の視聴用URLからご参加

③変更・キャンセル規定

■申込内容の変更・キャンセル

お申込み後の変更・キャンセルに関するご連絡は、以下の【お問合せ】ボタンよりご連絡をお願いします。
なお、ご連絡の際は「受付ID」が必要です。

※ご連絡のタイミングによっては、対応できない場合もございますので予めご了承ください。

■キャンセル規定

開催当日・前日 100%
開催の2日前~7日前 30%
上記以外 0%

※上記日数は営業日計算となります。
※オンデマンドセミナーは、原則お申込み後のキャンセルは受付できません。

その他

テキストはPDFデータにてお送りいたします

お願い・お断り

・セミナーの録音・録画・撮影・SNSへの投稿は厳禁です。

免責事項

天災地変や伝染病の流行、研修会場、輸送等の機関サービスの停止、官公庁の指示等の小会が管理できない事由により研修内容の一部変更および中止のために生じたお客様の損害については、小会ではその責任を負いかねます。

個人情報の取り扱い

ご入力いただいた個人情報は、当セミナーの運営・管理・資料送付・出欠の確認等に利用いたします。
また、後日、小会より事業・サービス・セミナー等のご案内を送付させていただく場合がございます。
小会は、ご提供いただいた個人情報を小会のプライバシーポリシーに則って安全対策を施し適切に管理いたします。
小会のプライバシーポリシー、個人情報の開示・訂正・削除等の詳細につきましては、小会ホームページ(https://www.jipm.or.jp/)をご覧ください。